アニメの世界に暮らしたい?

なかなか書く時間取れなかったので、出遅れてしまった。
アニメ好きの友人のためにも書いておかねば。(^^;
ai space
2008年 夏 オープン予定。


4月8日にdwangoから発表された仮想3D空間サービス「ai sp@ce」。
ai space
dwangoと言えば、「ニコニコ動画」を提供するニワンゴの親会社であります。
冒頭の画像を見てわかる通り(おいらはひとりしか知らないぉ)、このキャラたちと仮想空間で暮らすことができるそうな。
左側の人から「SHUFFLE!」「CLANNAD」「D.C.II〜ダ・カーポII〜」のキャラクター。
仮称「アキハバラ島」と結ばれる3つの島にて、別々に3つのアニメの世界が構築されるそうな。
ユーザーは自分のアバターと、ゲームキャラの「キャラドル」が与えられ、キャラドルとの会話や着せ替え(笑)を楽しみつつ、育成していくらしいよ。
「ファンにとっては夢のような世界」らしいっす。
ドワンゴ、美少女ゲームの世界を再現した3D仮想空間を今夏開始
同じキャラを操る人がたくさんいる状況になりそうだけど、それってどうなんだろう。
”俺の嫁”を地でいく設定、逆に萎えちゃいそうな気もするけど。。
おいらは上記のうち、ひとつのアニメしか知らないので、絵だけの判断だけど、もっと別種のアニメを入れてくれた方が面白かった気がするです。
美少女? ふ〜ん、なのです。
どうせなら「地獄少女」とかやってほしかった。w
ちなみに、主題歌があるらしく、歌うのはI’veのKOTOKOさんだそうです。
ニコニコ動画とも協力体制にあるらしい。
なんだか、完全にヲタクを商売にしたビジネスが増えてきたなぁと思いつつ、アニメはヲタクのものではなく、子どもが楽しめるものとして残ってほしいという想いも。
夏にちゃんとオープンするのかあやしいけど、心待ちにしているファンは大勢いるんだろうな。
どうなることやら。。

未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です