ボールにマイクロチップ?

サッカーの話。
ゴールラインぎりぎりのボールが、ゴールかノーゴールかを判定するために、ボール内にマイクロチップを埋めることが検討されているとか(asahi.com)。
単純に、あんな乱暴に扱われるモノの中でチップが機能するのか不思議だけど(だから検討中なんだろうけど)、そうなると、ゴールラインだけじゃなくて、フィールドのライン全てに探知機を埋め込んで、ラインを割ったかどうか、スローインの判定とかにも使えるのかも。。
空気が入ってるボールの中心にどうやってチップを固定するんだろう。とりあえず技術的に作ってみてほしいなぁ。他の球技でも使えるだろうし、特許取れば儲かるかも(笑)。
試合中にチップが無反応になったりしたら一大事だけど、国同士が戦うワールドカップでは導入した方がいいような気もします。PKでバーに当たったボールの判定とかにも使えるしね。
でも審判の買収以上に、細工されそうな気もしちゃう。(^^;
そのうち選手のユニフォームにもチップが埋め込まれて、オフサイドの判定もできるようになりそうだなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です