Gmail

昨年、1GBのWebフリーメールとして話題になったGoogleのGmail。GoogleがGmailを発表して以降、MSNなど他のフリーメールサービスが相次いで容量拡大を発表しました。
βテスト中につき、紹介制なんだけど、おいらのところにも先日友人から招待が届きました♪
1GBの容量はすごいっす。メールでこんなに使うことも無いんだけど、Gmailの領域をWindowsのドライブとして認識させるソフトが出ていて、これを使うと簡単にデータ置き場として使えるようになります。ちょっと不安定でGmail領域がおかしくなるという噂あり(おいらは未確認)。
Webメールとしてはもちろん、POPが使えるので普通のメーラーでも受信できるみたい。
まぁそんなのは半場どうでもよくて、ただGoogleのテストに参加していること、gmail.comというメールアドレスを使えることの優越感!(笑)
興味ない人には優越も何もないけどさ、ネットを仕事にしてる身として先取りしたいという小さな見栄。(^^;
使っていくうちに人を紹介できるようになるんだけど、紹介できるのは4人までらしい。
ところが・・・おいらは当たりくじをひいたようで50人も紹介できちゃう。ならば自分でもうひとつアドレスを取っておこうと別の自分のメールアドレスへ招待状を出したんだけど、これまた50人紹介が大当たり♪
100名様をご招待できます。
ご希望の方はコメントに「招待して」と書いてくださいな。
友人限定で招待します。
一応書くと・・・


今はテスト版で広告が表示されてないけど、正式版では広告が表示されます。HotmailでもYahooでも上にバナー広告が表示されてるけど、あれ。
その広告の出し方がGoogle特有で、メール文章を解析し、文章に関連する広告を表示する模様。週末にパソコン買いに行こうと思ってる、とかメールに書いてあると、どこぞのメーカーのパソコン広告が表示される、らしい。
この手法が個人情報の盗み見じゃないかと米国で問題になってます。
正式サービスに踏み切れない最大の理由かもしれない。
まぁお気楽にテストするには楽しいし、新しいメールシステム(フォルダがなく、すべて検索で行う)は面白いかも。メールが届かないことも今のところ無いし、日本語メールもちゃんと読み書きできます。
GUIとしてのツリー構造フォルダからの脱却は、次世代OSの勝負所のひとつでもあるし、先取り体験してみるのも一興です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です