太陽系第10惑星?

29日、NASAが冥王星の1.5倍の大きさを持つ太陽系10番目の惑星が見つかったと発表しました。

NASAの天体イメージ
冥王星より大きな天体が見つかったのは、1930年の冥王星発見以来、75年ぶりだそうです。
約560年の周期で太陽のまわりを公転中。
スペースシャトル「ディスカバリー」は宇宙ステーションとのドッキングに成功しましたが、滞在期間が1日延びるようです。燃料タンクの破片落下問題で、次の「アトランティス」打ち上げが困難になると予想されるため、宇宙ステーションの維持管理をしておくようです。

「太陽系第10惑星?」に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です