新たな地上絵

昨日のニュース。
日本の研究チームがナスカで新しい地上絵を発見したそうです。
全長約65メートル。角を持つ生物のように見える?
似たような図柄は他になく、生物の種類は不明だそうです。
幾何学模様以外の大型地上絵がナスカ台地で見つかったのは、1980年代以来だとか。
20060421.jpg
写真:毎日MSN

宇宙や海底だけでなく、地上にもまだ未知の世界があるんだなぁとあらためて思いました。ジャングルとか秘境はわかるけど、こんな拓けたところでも。。
そういえば、少し前にGoogleEaarth(Mapかな?)で古代遺跡を発見というニュースもあったよね。ひきこもりが新発見したりして。(^o^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です