Facebookの新広告商品

先日Facebookから発表された新広告商品「Facebook Ads」。
Facebookは米国で一番人気のSNS。
日本では利用者をあまり聞かないですが。。
SNSにおいて、Googleを本気(マジ)にさせたと言ってもいいんじゃないかな。
Googleから発表された「OpenSocial」も、対Facebookという感じだし。


そんなFacebookが発表したAds。
正直、Facebook自体、日本で馴染みないので気にしてなかったのですが、「IDEA*IDEA」さんの記事を読んで、すごいヨ!と思ってしまった。
もうね、インターネットは広告でしかなくなるんじゃないかという想いがいっそう強まりました。
これまでだと、ブロガー向けの広告商品なんかは、企業の代わりにブロガーが紹介記事を書いたりして、読者へ薦めて・・・というのはありますが、そのノリをSNSでやってしまうのです。
たぶん、ユーザーは何もしなくて良いはず。
何かしらアクションを起こすと、それが勝手に広告化される。
たとえば、「友人CがアクエリオンDVDを購入しました!」と表示されちゃうわけ。
Cが買ってるならこれは”買い”かもしれんね、とか思うわけです。
mixiでも「レビュー」って機能があったと思うけど、あの辺がすべて広告になるようなイメージかな?
違ってたらごめん。(^^;
何がすごいかが、あまり伝わらない記事だなぁ。。
これまでって、広告を見せることで何かアクションを起こさせる方向だったんだけど、逆もありじゃね?ってことです。逆というか循環というか。
Aさんアクション→広告できる→Bさんアクション→広告できる。
個人情報の取り扱いや、ユーザーを規約に同意させるとか、バックエンドで整えなければならないことはいろいろあると思うのですが、これまでにない新しい広告のカタチです。
ユーザーすべて営業マンみたいなもんだよね(笑)。
広告がコミュニケーションの手段にもなる。
ユーザーに報酬がフィードバックされたら、もう最強の「広告SNS」だと思う。
Googleが焦るのもわかりますとも。
だって、サイトの端っこにバナー広告なんかが置かれてるより全然効果あるよね。
そんな”さも”広告なんかより、友人が買ったとか高評価とか、そういう情報の方が信じられる。
むろん、買って失敗だった・・・とかもあるだろうけど。
SNSが登場した時点で、そのうちどこかやっただろうけど、最初に思いついた人はやっぱりすごい。
うまい発想の転換だなぁと感心しました。
mixiもきっとまねたい。
GoogleのOpenSocialとの狭間でどうなるか見物です。

「Facebookの新広告商品」に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です