やっぱりAppleが共通の敵?

ケータイ最大手のノキアがマイクロソフトとの提携を発表しましたよ。
NIKKEI NET(日経ネット):マイクロソフトとノキア、携帯分野で提携 成長市場を開拓
どこまでの提携かわからないけど、ちょっとびっくり。
マイクロソフトだってWIndows Mobileでスマートフォン市場に進出してるわけで、ノキアはライバルなわけだけど。。
やっぱりApple iPhoneが脅威だってこと?


具体的なサイトが出てこないので記憶違いかもしれないけど、確かまだアップルの市場シェアはノキアの1/50くらいじゃなかったっけ?
(違ってたらごめんちゃい)
Apple(英字で書くべきかカタカナで書くべきか迷うなぁ)は、パソコン市場においては、シェアよりも利益を優先したわけだけど、スマートフォン市場でのiPhoneはどうなっていくんだろうなぁ。
パソコンはご存じの通りWIndowsの天下ですが、Windowsに比べてMacのシェアが1/10だったとしても、Mac1台売れた時の利益がWindowsの10倍だったら、儲けは同じわけで・・・という戦略(だよね?Apple)。
しかもMicrosoftはOSのみでパソコンは他社だけど、AppleはOSだけじゃなくマシン本体も手がけてるわけで。。
おいらはiPhone 3GSとNokia N82を使っているので、Nokiaが便利になる分にはいっこうに構わないんだけどさ。(^^
GoogleのAndroid対策って面ももちろんあるんだろうけど、マイクロソフトの焦りを感じるなぁ。
あ、提携内容ですが、2010年からノキアはオフィス対応ケータイを出荷し始めるそうです。
日本撤退しちゃったから素直に喜べないけど。。(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です