GoogleDesktopSearch

次の主戦場と言われているローカル検索。
Googleがデスクトップ検索の日本語β版を昨日リリースしました。
Appleの次期OSX tigerや、Microsoftの次期OS Longhornでも、ローカル検索はひとつの目玉機能になっています。OS標準搭載の方が強力な気がしてしまうけど、Googleが先駆けてリリース(英語版は正式リリースされてます)。
Windows版のみだけど、OutlookやOutlookExpress,Word,Exel,PowerPoint,PDFをはじめ、Mozilla系ソフトなどのファイルの中身を検索できます。
なんか丸裸にされるようで、セキュリティは大丈夫なんだろうかとか余計な心配しちゃうけど、ただいまインストール中です。インデックスの作成中なので終わったらまた使った感想を書きます。
フォルダツリー構造というシステム的な仕組みを(GUIでわかりやすいとはいえ)ユーザーに強いてきたファイル管理に最初のメスが入ります。この検索型ファイル管理が究極なのか、その先に、全く新しい概念のファイラーが登場するのか、パソコンの基本ユーザビリティだけに今後が楽しみです。
本当の勝負はLonghornが登場してからだけど、その前にGoogleがどれだけリードを保てるか、ネット検索でGoogleが台頭したように、ローカル検索でも新しい企業が躍進するのか。
さぁみなさんがんばってー。(^o^/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です