WinMxついに閉鎖

P2Pソフトとして、Napsterの後を継いで登場したWInMxがついに閉鎖しました。
ITmedia 記事
現在、Winmx.comはつながりません。
Napsterは一度サービス停止に追い込まれましたが、今では合法的に、配信サービスを行っています。
WinMXもそうなるのか・・・?
ITmediaの記事によると、今回の閉鎖は6月に米最高裁で下された判決「著作権侵害に利用される道具を配布する者はすべて、その道具により他者が起こした侵害行為の責任を負う」という判決結果に基づくもののようです。
道具っていうのは曖昧な言い方。そもそもソフトを起動させるOSはどうなのか、伝送するためのネットワークインフラなどは?という疑問もわいてきます。まぁ常識的に考えれば、わからなくもないけど。。(^^;
WinMx自体は、これで終了するのではなく、違法ではない地域へ移動するのではないかという憶測もあり、今後どういう形で再登場するのか注目です。
P2P自体はすばらしい技術(SkypeもP2P)、悪い面だけで葬るのではなく、有効活用してほしいっす。
おいらもWinMx使ってたけど、iTunesでダウンロード購入するようになりました。1曲150〜200円。この値段で聞きたいときにすぐ手に入るのは便利♪
最近ブログの書き込みにえらく時間かかる。。うちだけ?

「WinMxついに閉鎖」に4件のコメントがあります

  1. Win MX が閉鎖 — これからの P2P の行く末—

    多数のユーザーと P2P というシステムを利用して、ファイルを交換できる Win MX というソフト(サイト)が使用できなくなった。

  2. 結局winMXってどうよ?

    FileSharingCenterを使ってると、winMX使ってたのがバカバカしくなった。 ダウソは遅いし、キュー待ちにも時間かかるし。 メッセージ送るのもめん…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です