W-Zero3[es] 発表

ドコモから702isシリ−ズが発表されていますが、それよりウィルコムです。
先日、W-Zero3のマイナ−アップグレ−ドバ−ジョンが発売されましたが、今度は完全新型です。
20050705-2.jpg
ウィルコム
シャ−プ
白と黒のカラ−バリエ−ションで、MacBookのようです。
ケ−タイとしてのキ−と、Qwertyキ−ボ−ドのデュアルキ−を搭載しています。
PDAではなく、ケ−タイとしての”スマ−トフォン”は日本ではほとんど発売されず、世界から遅れていましたが、やっとこのレベルが発売されたか、という感じです。
W-Zero3と比べて、無線LANがなくなったのは残念ですが、これはこれで良さげ。無線LAN、BlueToothは外部モジュ−ルとして提供されるとのこと、ワンセグも外部モジュ−ルで対応されます。
Livedoor Computersに写真が豊富に載っています。
写真を見ると、現W-Zero3と長さはあまり変わらないようです。幅はW-Zero3よりおさえられていますが、厚さはあまり変わらないようなので、普通のケ−タイより少し分厚いかな?
液晶は2.8インチと小さくなりましたが、解像度は640×480と変わらずで、性能は初代W-Zero3と同じようです。ケ−タイキ−が追加され、日本語変換ATOKを搭載、Operaもプリインスト−ル、USBホスト可能、というのが大きな追加点でしょうか。カメラがマクロ撮影に対応したようです(130万画素)。
Qwertyキ−が押しやすいかは触ってみないとわからないけど、デザインも悪くなさそう。
個人的には、Qwertyキ−が無いバ−ジョンでスリム化した方が売れたような気もしますが、スマ−トフォンを応援する立場としてはデュアルキ−ボ−ド歓迎です(笑)。
自分のW-Zero3の用途はメ−ル確認とサイト閲覧がメインで電話としてはほとんど使っていません。電話としての使用頻度を上げるなら購入したいところですが、液晶が小さくなるのはサイト閲覧には不向き。。解像度は同じだけど、表示が小さくなるので、悩ましいところです。
ウィルコムがナンバ−ポ−タビリティに対応してくれたら(現状対応しない)、auのケ−タイをこれに変えて、W-Zero3を解約してこれ一本で済ませることもできるんだけどな。
今回はしばらく様子見。
ウィルコムストアでは7月11日に事前登録、14日から予約販売となっています。月内入荷数を目処に終了。
充分な台数を確保してから発表すればいいのに、ニンテンドーDS Liteといい、そういうのが流行なのかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です