光線でネットワークする可視光通信

ドキドキ・ワクワクな未来の技術開発です。
照明の光で無線LANを使えるようにするんだって。

NIKKEI NETによると・・・
総務省はNTTの研究所や沖電気工業、NECなどと共同で、照明器具の光を無線電波のように利用する「可視光通信」の開発に着手する。光の届く範囲にパソコンを置けば、配線コードがなくても高速インターネットが楽しめるようになる。
世界で初の試みで、次世代ブロードバンド(高速大容量)技術として普及させる方針。5年以内の実用化を目指す。

こんなことできるなんて想像もしなかった。
ぜひ実用化してほしいな〜。
電源コンセントを使ったネット接続(電力線通信)といい、手軽にどこでもネットにアクセスできる環境が整いつつあります。
家の無線LANは机の上に置きっぱなしのパソコンからはあまり使わないし、ノートパソコンに無線LANが搭載されてても使う機会があまりないので、もっと使える環境がほしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です