映画 デスノート 後編

やっとこさ観てきました。
前編のおさらいもなくいきなりスタートして(というかわざとストーリーが進んでて)、前編の話を思い出すのに時間がかかってしまった。
2時間30近くあったと思います。
以下微妙にネタばれ。核心は書いてないけど観る人は読まない方がいいかも。


ところどころ、漫画のネタを拝借しつつの別エンディング。
単純にニアとの闘いを混在させるのかと思いきや、それだけではなく、Lが魅せてくれます。
アイデア自体は漫画で登場してるものだけど観てて楽しかったです。
特に、最後の登場シーンのL(松山ケンイチくん)の表情は素敵でした。
セリフも響くものがあり、グッときた。
そこだけでも観た価値があったかな。(^^;
個人的にはミサミサがもうちょっとはっちゃけたキャラをイメージしてたんだけど、キャストのせいか落ち着いた女の子でした。ちょっと物足りなかったけど、松田さんが期待通りの抜け具合でカバーしてた(かなぁ?)。
死神ジェラスも少し登場するけど、かわいいキャラでした。
ストーリーとは全然関係ないんだけど、なんだか女優さんの脚露出度が高かったかと(笑)。
当然考えられてるんだと思うけど、何をねらってたんだろう?
今が冬だから目に付いただけかもしれないけどさ。
男としては視線がそっちに向いてしまうシーンがちらほら。(^o^;
そんなネタも混じりつつで、2時間以上の時間もそれほど感じずに楽しめました。
迫力のドンパチ映画ではないので、劇場じゃなくても充分楽しめると思いますが、Lのラスト勝負が気になる方はぜひ劇場へ。
キラへ一矢報います! (^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です