W52T vs W51SA

う〜ん、仕事してたら日を超してしまったので書込日を1日遡って書き込み。
昨日少し書きましたが、auケータイを機種交換しました。
どっちの機種にしようか、かなり悩んだ。
最初は悩んでなんていなかったけど、東芝製のW52Tとサンヨー製のW51SA。


もともと、W52Tを買うつもりで渋谷に行ったんだけど、渋谷のビックカメラ、サクラヤともに黒色が売り切れ。紫とピンクしかない。
W52Tに限らず、今春のauケータイはなんかカラーリングに失敗してると思う。
個人的には変な色ばっかりですよ。
まぁそれはさておき、発売日に勇んで行ったからには買うつもり満々だったわけですが、出鼻をくじかれちゃいました。
W-Zero3の修理に新宿へ行き、新宿のビックカメラへ行きましたが、そこも黒は売り切れ。
でもね、実機をいぢってると、おいらの指では明らかにボタンが押しにくいんです、W52T。ボタンが浮き出ていないため、ボタンを囲む本体とぶつかってしまい、ちゃんと押せないっす。
液晶3.0インチの大画面はワンセグとかにはいいだろうけど、ボタンが押しにくければメールも打ちにくいし、悩み始めました。
「これはやめておいた方がいいかも・・・」
で、隣にあった同じスライド型ケータイW51SAを触ってみたのですが、こっちの方が明らかに押しやすい。個人的には色デザインはW51SAの方が好きだったりして、急速にW51SAに惹かれました。
しかし、液晶3.0インチ、カメラもオートフォーカス手ぶれ補正付き300万画素を備え、さらにBlueToothまで内蔵している”全部入り”のW52Tに対して、W51SAはauのサービスは同等に使えるけど液晶は2.6インチ、カメラは199万画素、ウリはFMトランスミッターで音をとばせる、というもの。
同じスライドだけど、中身が全然違う。
液晶サイズもカメラも今のW41Hより下がってしまう。
でもデザインは気に入った!
W51SA
写真ではわかりにくいけど、アイボリーな白に、側面には落ち着いた赤色、グレーの色合いもマッチ。表面のボタンとかもでっぱってなくフラット、全体を通してネジ穴とかの凹みやでっぱりもなく、とてもスマートなのです。
しかしね、渋谷と新宿の一部店舗まわったけど、動く実機が置いてないですよ、W51SAは。
メーカーから来ていない、と店員さんは言ってた。
売る気あるのか?(^^;
でも触ってると、2.6インチの液晶もさほど小さく感じない。なんか横幅が広い?
実機は触ってないけど、これも良い感じがしてきた。
W52Tより少し小さいし。。
シャープのアクオスケータイがauからも3月には出るのでそれを待とうかとも考えた。でも友人の勧めもあって、スライドケータイを使ってみたい気も。というかデザインが気に入っちゃった。
たぶん初めて実機を触らずに勝負に出た。
最新機能を追い求めるタチなのに、デザインに惹かれて買ってしまった。
まぁ最新機種なのでそんなに機能が悪いわけじゃないんだけども。。
買って初めて動く画面を見たときはちょっと感動した。(^o^
とりあえずモバイルSuikaをダウンロードして機種を認識させ、帰れるようにした。
長くなったので、使った感想は次の記事で書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です