白虎野の娘に惚れた

数日前、親友の強いススメで今監督のアニメ映画「パプリカ」(原作:筒井康隆)のDVDを購入して鑑賞したのですが、映像以上に音楽が良かった。
特にエンディングテーマの「白虎野の娘」には震えました。
分野で言うと、テクノなのかな?
よくわからんけど、この音世界はなんなんだろう。
全然違うんだけど、お経みたいな安堵感というか、異空間の中に心地よさがあります。


調べてみると、作者は平沢進というお方。
今監督の同じくアニメ映画「千年女優」でも音楽を担当されていました。
そう言えば「千年女優」の音楽も良かった気がする。。
Wikipediaによると、結構すごい人です、平沢さん。
インターネットを通じてダウンロード販売を行うために、メジャーレーベルとの契約を自ら打ち切り、配信を開始した音楽配信の元祖らしい。
平沢さんのサイト「TESLAKITE」では、サンプルとして数十曲、無料ダウンロードできるサービスっぷり。
おいらの気に入った「白虎野の娘」も、映画の主題歌にも関わらず無料でダウンロードできるので、ぜひ聴いてみてほしいです。
「白虎野の娘」をひたすらリピートして聴いてますが、歌詞が知りたいので今度「パプリカ」サントラ買ってこようと思います。
ホント、自分が知らないだけで、すごいこと(もの)はいっぱいあるなぁと思い知らされました。
まぁそんなの当たり前っちゃ当たり前だけどさ〜。
久々に音楽に感動しました。(^o^
あ、映画も観る価値ありです。
ちょっと有名すぎる声優ばかりなのが気になりましたが、夢と現を描いた作品なのでそのキャスティングもわざとなのかなぁと。
ストーリーは個人的にはちょっと物足りなかったけど、アニメーションは綺麗だし、なにより音楽が(笑)。
DVD特典が、本編映画を観ながら今監督と平沢さんとの対談解説なので、今監督もよっぽど好きなんだろうなぁと思いました。
とりあえず、「白虎野の娘」は名曲と思うので、平沢さんのサイトからダウンロードして聴いてみてくださいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です