広島旅行1日目:呉

仕事が空いて暇ができたので、突然旅行に行ってきました。
広島県2泊3日。
人生初の広島です。
平和記念公園(原爆ドーム)は行かなきゃならないと思いつつ数十年経ちましたが、やっと実現しました。
相方と二人旅。自分は希望を言うだけで、ホテルの手配とかはすべて相方任せです。(^^;
広島より広島県という方が的確な旅行でした。
行ったことのない人にはぜひオススメしたい旅行だったので、振り返りつつ書いてみます。
リアルタイムで書かなかったのは無精だからですな。(^^;


あ、もちろん旅行を楽しむことが大前提ですが、乱れきった生活時間の調整も裏目的としてありました。
掲載写真はすべてデジカメ
PENTAX ist DS2 レンズSIGMA18-200mmにて撮影しています。
面倒なので未加工(縮小のみ)。
写真をクリックするとでかい写真が表示されます。
でわでわ、広島旅行1日目スタート!
●朝6:30起床
普段寝る時間なので裏目的とりあえず達成(笑)。
相方のマイルがたまっているので、新幹線ではなく飛行機で広島へ。
事前準備として、広島へ転勤してる友人iくんとコンタクトをとり、飲む約束(おいら)と、レンタカー手配(相方)を済ませてます。
●愛車ニュービートルで羽田空港へ。
道が空いてたので、早めに空港に到着(と言っても一時間くらい前かな)。
iくんにお土産のお菓子を購入。事前電話では要らないと言われたんだけど、まぁ気持ちだけ。
時間ある時は展望台に出て写真撮るんだけど、30分も無いのでコーヒー飲んで時間つぶし。
●ANA 673 広島行き 8:20
飛んでる時間は1:05だけど、奮発してスーパーシート(ひとり+5千円)。
たまにしか行けない旅行だし、カラオケ部屋代1時間とか思えば全然OK。
飛行機10分遅れで飛び立つ。
カメラ小僧なおいらは窓際でつ。
しかし、ケータイはわかるけど、なんでカメラまで離着陸時はダメなんだろう。安全確保のためだろうけどさ、離着陸時こそ写真撮りたいんだけどなぁ。
天気が良かったこともあり、関内の横浜球場やランドマークタワーが見えました。
海外旅行1度、国内旅行でも北海道と沖縄以外飛行機乗ったことないと思うんだけど、たぶん初めての陸上飛行でした。
富士山と思われる場所は雲で覆われてて見えなかったけど、眼下は海ではなく陸地がずっと見えてました。たぶん琵琶湖を把握。
本州と淡路島を結ぶ明石大橋は写真に撮ったけど、帰りの方が綺麗に取れたので後で掲載。
スーパーシート特権の朝食で出たオマールエビのスープが非常に美味でした。
幸先の良いスタート食でした。
あまり乗ってないこともあるけど、おいらはいまだに飛行機に乗るとウキドキします。
こんな鉄のカタマリが空を飛ぶことに感動します。
離陸時には窓の外、手を振ってくれてる空港仕事人たちを眺めつつ、走り出した飛行機のモニターで陸地を眺めつつ、ふわっとなる瞬間に期待でドキドキ。
あまりにそわそわしつつカメラを構えてた頃はスッチー(キャビンアテンダント)さんに怒られたこともありました。(^^;
●10時前 広島空港到着
空港が思ったより小さかった。
というかへんぴなとこにありすぎ。
なんでこんな山の中(広島駅まで30km以上)に作ったのかすごく不思議だったんだけど、iくんが政治の力だと教えてくれました。恐るべし政治家。
今度は新幹線にしようと思いました。(^o^
ボーイング777、お疲れ様&ありがとう。
●竹原
高速で呉に向かう予定だったんだけど、購入したガイドブックを眺めてると、少し遠回りだけど竹原なるところがしぶい街並みとのことで竹原へ行きました。
竹原
時代劇とかに出てきそうな街並みです。
「竹鶴」酒造があったけどレンタカーなので試飲できず即購入。こういうとき車は損だけど、今回は車じゃないと辛かったと思います。
そこそこ広くて30分ほどは歩き回ったかな。
お腹も減ってきたので目的地の呉に向かいます。
●呉
本に載っていた冷麺専門店「珍来軒」へ行きました。
10人くらい並んでましたが、見た目はどこにでもある街の中華屋さんです。
個人的には並ぶのは嫌なので、他の店でもいいかなぁとか思ったりしたけど、通りすがりの地元民らしき人が「ここいつも並んでるよ」とか話してたので、じっと我慢の子。
珍来軒
あまり美味しそうな写真ではないけど、焼き肉屋で出るような冷麺ではなく、どちらかと言うと冷やし中華みたいな感じでした。
麺が平べったいものでした。
並んだ甲斐あって美味しかった。
相方は、もちもちした水餃子が気に入ったとのこと。
相変わらず人が並んでるので、食してすぐに退散しました。
のんびりできるところではないっす。
●呉:大和ミュージアム
その存在すら知らなかったのですが、iくんの助言により呉に行ったのは「大和ミュージアム」なるものがあるからでした。自衛隊の戦艦大和博物館です。
映画「男たちの大和」も呉で撮影されたらしいっす。
ウリは1/10スケール(26m)の戦艦大和の模型です。
戦艦大和
模型とはいえ、この大きさは感動しました。
零戦や搭載していた潜水艦(?)などの展示もありますが、大和の悲劇とか資料的な展示物ももろもろ。ビデオ映像もありました。
写真を撮るのに夢中であまりゆっくり鑑賞はしていませんが、タンカーとかの船首部分が丸いのは大和が最初らしいです。世界最大の軍艦「大和」建造時の技術が今でも役に立っていることがしきりとうたわれてました。
新しい博物館だからか、建物の設計がよくできてると思いました。
上記の写真は上から撮影したものですが、人が映ってるように、大和と同じ高さから360度どの位置からも見られるように周囲を取り囲むルート(さらに高度が変わる)になっています。
零戦とかの展示物も同様に全方位から観られるようになっています。素晴らしいっす。
ちなみに、名誉館長である松本零士の「宇宙戦艦ヤマト」コーナーも結構なスペースが割かれています。
アナライザーが出迎えてくれて、大和に比べれば小さいですが宇宙戦艦ヤマトの模型もあります。
宇宙戦艦ヤマト
高校で世界史をとったおいらは不勉強なわけですが、第二次世界大戦時、呉が日本最大の軍港だったことを初めて知りました。
でも原爆は呉ではなく、広島市街に落とされたのが。。。
●呉:てつのくじら館
大和ミュージアムの隣にある「てつのくじら館」。
潜水艦の博物館で、引退した潜水艦がどどーんと出迎えてくれます。
正直、到着時は大和よりこっちの方が気になります。
観てください、このサイズ。潜水艦ってもっとスマートなのかと思ってましたが結構デブです。
てつのくじら館
資料室を観た後、この潜水艦内にも入れるのですが、写真撮影禁止区域がありました。
潜望鏡から外を眺めることもできるのですが、それも撮影禁止。専門家が観れば性能が推測できてしまうので軍事機密なんでしょう。
資料や展示内容も、戦争で潜水艦がこれだけ活躍しましたという内容ではなく、現代も海中の機雷除去に潜水艦が活躍しています、という平和利用をアピールしたものでした。
潜水艦映画は結構好きなので、もうちょっと「潜水艦の秘密」的なことを知りたかった。(^^;
無知なおいらの記憶に残ったのは2点。
パッシブ(受信)ソナーとアクティブ(発信)ソナーの違い。音を探知するレーダーの違いです。

原子力潜水艦の登場で、理論上無限航行が可能になった、とのこと。
海水からエネルギーを得られるのかな?
これまた写真撮影に夢中でちゃんと説明を読んでないんだけど。(^^;
理論上っていうのは、航行可能だけど人の食料とかそういう面がついていけないってことなんだと思います。
無人偵察艦としてならずっと潜っていられるんだろうなぁ。
今や制海権じゃなく、制空権なので意義は薄いんだろうけど。
日本近海には何隻の潜水艦が配備されてるんだろう。
写真のような潜水艦が海中から現れたらシロナガスクジラ(30m)より怖いと思いまふ。(^^;
呉のこの2つの博物館は男子的に萌える施設であること間違いなし。
男子たる者、一度は行ってください(笑)。
もうね、呉だけでも今回の旅行的に満足してしまった感があります。
●広島グランドプリンスホテル
iくんとの飲みの約束もあるので、夕方に呉を出発し、シービューがウリ(?)のホテルにレンタカーを置いてから広島市街へ向かいます。
広島港に面したホテルで部屋から海が一望できるのが魅力ですが、ちょっと広島繁華街から遠いのが難点。
今回は突如思い立った旅行にもかかわらず、手配してくれた相方に感謝ですが、計画的な旅行ならもう少し広島市街地にした方が良さそうです。
というより、後日書きますが2日目に旅行した宮島に泊まりたいっす。
レンタカーを置いてチェックインして、広島駅行きのバスで、繁華街紙屋町へ出発。
iくんと紙屋町のそごう前で待ち合わせです。
●初めての原爆ドーム
広島の食といえば、カキかお好み焼き。
お好み焼きは昼間に食べられそうなので、iくんにカキの店に連れていってもらうことに。
途中、原爆ドームに初対面。
原爆ドーム
ライトアップされていました。
想像してたより小さかったです。
復興が進み、原爆ドームのまわりの建物が高層になってきている、という理由もあるようです。
●かなわ
iくんが連れて行ってくれたのは平和記念公園の横を流れる川に浮かぶ船の上、カキ専門店の「かなわ」。
広島初めてのおいらは知る由もありませんが、老舗の有名店。
着物の女将さんが出迎えてくれます。
もう34歳ですから、そういうお店にも行って良いお年頃ですよ。(^^;
かなわ
旅行は次にいつ来れるかわからないし後悔しないよう「可能な範囲で贅沢しよう」が持論です。
カキ会席1万円コース!
生カキから始まってすべてカキ料理。
お腹いっぱいで全部食べられませんでした。orz
全部美味しかったけど、特にカキの塩カラ、岩ガキ、カキ雑炊が良かった。
カキと岩ガキって何が違うんだろう、味も見た目も全然違うけど。。
個室でのんびりと、舌鼓を打ちつつ久々の友人と贅沢な時間を満喫しました。
その後、紙屋町に戻ってバーで軽く飲んで解散。
充実した旅行初日でした。
タクシーでホテルに帰り、持参したMacBookでメールチェックして、おやすみなさい。
たぶん2時くらいには寝たと思う。
健康健康!
この記事書くのに2時間以上かかってるな。。
そろそろ寝よう。
健全な生活習慣を維持すべし。
旅行2日目はまた明日書きます。

未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です