秒速5センチメートル

やっと観ました。新海誠最新作。
秒速5センチメートル
個人的には、新海誠(公式サイト)さんはジプリと並んでジャパニメーションを担う人だと思ってます。
まだ一般的な知名度は低いけど、アニメ通には知らない人はいないはず。


「彼女と彼女の猫」から観てますが、すべて背景がものすごく綺麗で、せつない。
人物はもうちょっと別の描き方が無いものかと思っちゃいますが。。。(^^;
「秒速5センチメートル」もこれまで同様、せつない話。
あ、秒速5センチメートルは、桜の花びらが散るスピードなんだそうです。
「ほしのこえ」「雲のむこう、約束の場所」も良かったけど、これまた良かった。
誰にでもありそうな出来事を描いてるんだけどね。
他作品と違って、新海さんのは「こうならないようにがんばっとけよ!」というメッセージを個人的に強く感じます。
感情移入しやすい、描写がうまいってことなんだろうけど。
「秒速5センチメートル」では、スーパーファミコンが描かれてたことで、とりあえず感情移入完了でした(笑)。
たぶん、初恋の話。男女ともに。
小中学時代、高校時代、大人の三部構成で描かれます。
主題歌をちょっと古くはありますが、山崎まさよしの「One more time, One more chance」にしたのは大正解だったと思う。ぴったり。
私的には高校時代が良かった。
ちょっと「ほしのこえ」に続くものを感じました。
「ほしのこえ」ではコミュニケーションについて考えさせられましたが、今回はそういうのはなかったかも。
ただ、過ぎ去った時代を顧みる、というか。。
若人がどう見るのか、聞きたいところではあります。
酒飲みすぎてるかな、、話の論点がまとまってないな。
とりあえず、新海誠さんをもっと多くの人に知って欲しい。
アニメを許容できない人に言うなら、彼は作家であり映画監督です。
観てほしいな〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です