MacでFLV変換

iPod touchは基本的に無線LAN環境下じゃないと、ネットもYouTubeも見れないわけですが、iTunesに登録したムービーは音楽同様、無線LANに関係なく閲覧することができます。
YouTubeの面白いムービーをあらかじめパソコンでごにょごにょして、iTunesに登録さえできれば、いつでもどこでも閲覧できる。


Windows用にはいろいろアプリがありそうですが、Macにはあまりない。。たぶん。
というか、これまでのiPodでも動画はほとんど見てなかったので、あまり調査したことがない。
今回のiPod touchはこれまでのiPodと異なり、基本的にiPodを見ずに操作することができない。タッチパネルだしね。
手触りでボタンを押すことができないわけです。
なので、操作するときは必然的にiPod touchを見える位置に構えます。
ずっと持ってるのは辛いけど、立てかけておける場所とかあれば、動画もいいんじゃないの?とか思いました。
で、調べてみると簡単にできた。
とりあえず、Safari前提。
Qururu.com : Safariを快適に」で紹介したSafariStandをインストールすると、YouTubeやニコニコ動画のFLV映像上で、”コマンド+クリック”すると、FLVファイルをダウンロードできるようになります。
これでまずは元になるファイルをゲット!
次に、「iSquint」をダウンロードしてインストール。
起動すると、簡単な画面が表示されます。
中央の空欄部分にflvファイルをドラッグし、「開始」をクリックするだけで、flvファイルを変換してくれます。
おいらは「iPodに最適化する」にチェックを入れてから、「開始」を押しました。
保存先を指定しない場合は、元flvファイルと同じ場所にmp4ファイルが生成されます。
このmp4ファイルをiTunesにドラッグして登録、それをiPod touchと同期するだけ。
う〜ん、簡単簡単!
外でアニメ見るのは、人に見られるとちょっと恥ずかしいので、映画とかNHKの教養番組とか見たいなぁ。
消される前にYouTubeからダウンロードっす〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です