カーナビ進化系?

なんだかんだ、やっぱり仕事に忙しい年末で、年まとめニュースを全然追いかけられないっす。
明日も仕事なり。。
数日前のニュースだけど、気になったので書いておきます。
すばらしいアイデアだと思う、このカーナビ。


その名は「Virtual Cable」。
Virtual Cable
上記サイトの写真をクリックすると動画を見ることができます。
なんとなんと、フロントガラスに赤線で進む道を示してくれるんです。
矢印を表示するだけなら、すぐにも実用化できそうな気もしますが、このVirtual Cableは道路に沿って3Dで表示してるところがミソですね〜。
将来的には400ドルくらいで市販する予定みたい。
赤線だけってのも不安だし、既存のカーナビを拡張する感じで使えるようになったらいいのにな♪
カーナビの進化というと、地図を定期的にダウンロードして最新にするとか、渋滞情報が正確になるとか、GoogleMapsのように地図と衛星写真を切り替えるとか、そんな風に思ってたけど、あの液晶画面ではなくフロントガラスを使って・・・というのがCoolです。
”そもそも”をひっくり返す発想の転換だと思います。
登場するのが楽しみ(^o^
この話は、Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン)さんで紹介されてました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です