地球最後の日のために

現代版ノアの方舟です。
スバルバード国際種保存施設
スバルバード国際種保存施設(Svalbard international seed vault)の入口。


ノルウェー政府が北極圏にあるノルウェー領のスバルバード島に、種の保存のための施設を建設中だったんですよ。
26日に完成のオープニングセレモニーが開かれたそうです。
入口だけ地上に出ていて、保存倉庫は山の中。
北極近くという地の利を活かした天然冷蔵庫だそうな。
約300万種類の植物の種を貯蔵して未来に残す計画だそうです。
植物だけのようなのがちょっと残念。
人間含め動物を冷凍睡眠とかってできないのかなぁ?(^^;
UFOが飛来したときに、どう対応するかも重要なんだけどさ。
なんとなく国家の格の差を見せつけられた感じがするぞ(笑)。
詳しくは「Technobahn」の記事をどうぞ。
「地球最後の日」のための種子倉庫が完成、オープニングセレモニーが開催

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です