エンデバー打ち上げ成功

20080311 エンデバー
asahi.com エンデバー打ち上げ成功

いい写真だな〜と思ったので、asahi.comより拝借しつつリンクです。


日本時間11日午後15:28。
日本人の土井宇宙飛行士(53)含む7人を乗せたスペースシャトル・エンデバーが飛び立ちました。
土井さんは97年以来の2度目の飛行。
日本初の有人宇宙施設「きぼう」の最初の部品となる船内保管室をを乗せて打ち上げられました。
米国時間では11日午前2:28で、通算30回目の夜間打ち上げらしい。
「きぼう」は米ロ欧日など15カ国が参加する国際宇宙ステーション(ISS)のパーツ。
今後、船内実験室、船外実験プラットホームと、あと2回運ばれるそうです。
「きぼう」の開発は1987〜2007年の20年間で5500億円かかってるそうな。すごいね。
打ち上げ成功してなにより(笑)。
今回、土井さんは「きぼう」最初の組み立てという大事なお仕事があるわけですが、ひとつ面白い実験が控えています。
「無重力空間の国際宇宙ステーションでブーメランを飛ばすとどうなるか?」
ブーメラン国際大会で一昨年優勝した栂井(とがい)さんの発案で実験されるそうです。
ブーメラン、宇宙空間でどう戻る?土井飛行士が“実験”へ : 科学 : YOMIURI ONLINE
難しい計算で答えを出すんじゃなくて(出せないのかな?)、やってみよう!ってのがいい。
私的には、なだらかにカーブしながら飛んでいってしまいそうな気がするけど、どうなることやら?
というかそもそも国際宇宙ステーションってどれくらい広いんだろう。
飛ばせるほどなの?(^^;
53歳の土井さんは日本人飛行としては最年長らしい。
仕事を終えて、26日(日本時間27日)無事帰還してくださいませ!
おいらも年取ってからでいいから宇宙行ってみたいな〜。(^o^v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です