ドコモ 2009夏モデル

ブログをリニューアルする前に、どんどん時代が進んでしまふ・・・(^^;
本日ドコモとソフトバンクから夏モデルが発表されました〜!
auはここのところ障害続きで大変ですな。(^^;


なんだか似たり寄ったりの機種だらけな気もするけど、ドコモの防水を推し進めてるところは良いと思います。
ある意味、カメラ以上に必要な機能だよ、防水は。
ブログリニューアルもまだできてないし、とりあえず気になった機種を列挙しておきます。
ドコモ機種。
●HT-03A
HTC製Googleの「Android」OSを搭載した日本初のモデル。
「ケータイするGoogle」
スマートフォン。iモードとかドコモのサービスは使えませんが、Googleフォンとして楽しみな端末です。
iPhoneでいうところのAppStoreのように、「Androidマーケット」からアプリをダウンロードしてインストールできます(ドコモは特に制限を設けないようです)。
また、iPhoneと異なりマルチタスクですアンドロイドは!
タッチパネルとトラックボールで操作します。
液晶は3.2インチ(320×480)。
個人的にはデザインが残念な感じ。。(^^;
●SH-06A NERV
これはちょっと予想外だった。
なんと、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」とタイアップしたシャープ製端末です。
内蔵コンテンツや着信音等が特製になるそうな。
3万台の限定発売。
基本機能はベースとなるSH-06Aと一緒です。
付随しているホルダーは良さ気かも?
しかし、大方のユーザーにとって、2年使うことを考えると今後キャラクターケータイはなかなか買う勇気が要りそうです。
●T-01A
既に欧州で発表されている東芝製スマートフォン。
WIndows Mobile 6.1。
1GHzのCPUを搭載しているので、かなり快適に操作できるのでは?
メモリもROMが512MB、RAMが256MB。
8GBのmicroSDHCも同梱されています。
ハードウェアとしてはとても期待できると思うんだけど、個人的にはもうWIndows Mobileを使う気にはならないかなぁ。
●SH-06A
「AQUOSケータイ」ではなく、「AQUOS SHOT」という新ブランドだそうです。もちろんシャープ製。
シャープのケータイはこれまでカメラについてあまり良い評判を聞かなかった気がするけど、冬(春?)モデルから画素数には力を入れていますね〜。
これは1000万画素CCDカメラ搭載です。
3.3インチ(480×854)タッチパネル。
背面のデザインはカシオっぽいです。
シンプルデザインで長く使えそう?
●SH-07A
こちらはサイクロイド機構の「AQUOSケータイ」。
上記の「SH-06A」をベースに開発されたそうで、カメラも1000万画素で同じです。
ステレオスピーカー付きの卓上ホルダが良いかも。
●N-06A
デザインがあまり好きにはなれないんだけど、無線LANを搭載し、さらに無線LANルーター化して他無線LAN対応機器を接続できる点が気になりました。
その分、料金が高いみたいだけどね。(^^;
とりあえずドコモで気になった機種はこんなところでしょうか。
写真もはらず手抜きですが。(^^;
詳細はドコモサイトにて。
ドコモ 製品ページ
ソフトバンク機種はまた明日書きま〜す!

「ドコモ 2009夏モデル」に2件のコメントがあります

  1. au 2009夏モデル

    非常に今更ですが、最後にauの今年の夏モデルで気になった機種。 「ドコモ」と「ソフトバンク」は先日書いた通り。 そろそろケータイ買い換えたい病が出始めつつ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です