Parallels 正式版

前に紹介したIntelMac上でWindowsやLinuxを動かすことができるParallelsの正式版が発売されました。
以前のRC2版に上書きインスト−ル。
少しスピ−ドが速くなったような気がします。
前から充分なスピ−ドだったけど、さらに。
特に不満なく使えてます。
WindowsXP領域を10GB。
メモリは本体のIntelMacを2GBにアップしてあり、
そのうち1GBを割り当てています。
1GBも割り当てる必要ないと思うんだけど、どれくらいにすればいいのかわからないので。(^^;
仮想デスクトップを実現するVirtueDesktopは、自分の環境だとどうもFinderの調子が悪くなるようなので、使うのをやめました。安定してれば使いたいんだけど、2chを読んでみても同様に不安定な方が多いみたいなので。もう少しバ−ジョンがアップして安定するのを待ちます。
しかし本当にこれでIntelMacさえあれば、Windows環境にも困らない。仕事でWindowsは使わなくちゃならないけど、プライベ−トではMacを使いたいユ−ザ−には夢のような環境です。
あとはW-Zero3さえ認識してくれれば。。
全然関係ないけど、GoogleCalendarがバージョンアップしたようで、やっとMacのブラウザSafariに対応してくれました。今回のバージョンアップでGoogleパーソナライズドホームにカレンダーを表示させることもできるようになっています。
スケジュールもGoogleで管理するようにしようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です