Google Accessible Search

グーグルの試験的なものを公開する「Google Labs」にて、Google Accessible Searchが公開されています。
日本語で検索するとなんだか文字化けしてしまうんだけど(MacOSX Safari)。
通常の検索とは異なり、視覚障害者にとって使いやすいサイトを上位にランクインするそうです。グーグルで働く視覚障害をもつエンジニアが開発したそうで、健常者が策定したガイドライン以上に役立つような気もします。
ウェブサイトは一定のレベルをクリアし、高齢者や障害者を含む誰もが閲覧・操作しやすいようにするアクセシビリティが重視されるようになってきています。
制作側からすると、完全に対応させるのはなかなか難しくもあるんだけど、Googleがアクセシビリティを考慮した検索ランキングを導入したら、ランクを上げるためにアクセシビリティを考慮せざるを得なくなるので、ネット社会的には良いことなのかもしれない。
強者に従わざるを得ないというのは問題ありだけど、ひとつの指針としては。

「Google Accessible Search」に1件のコメントがあります

  1. 視覚障害者にやさしいサイトを「Google Accessible Search」

    インターネットの利用者は健常者だけの特権ではありません。 世界のユーザーの中には様々な障害を持つ人も、インターネットで情報収集しています。 Googl…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です