巨大サメ メガロドン

う〜ん、新年早々書き続けてるおいら、暇っぽい。(^^;
仕事でもしちゃおうかって気になってくるけど、いやいやそこに手を出してはいけない。
さてさて、先日ダイオウイカについて書いたけど、今度は巨大サメの話。


その名を「メガロドン」。
怪獣なみのネーミングですよ。
詳しくはWikipedia参照ですが、人間を襲うと恐れられるホオジロザメが体長5mくらいなのに対し、メガロドンは13〜15mと推定されています。
シロナガスクジラの体長20〜30mには叶いませんが、マッコウクジラに匹敵するサイズです。
ホオジロザメでもめちゃくちゃ怖そうなのに、メガロドンなんかに迫られたらそれだけで気絶必死。
そういえば、昨年ドライブで行った京急油壺マリンパークは、メガロドンの歯形が飾られていました(上記のWikipediaサイトに掲載されてます)。
海外のサイトでは、こんな感じ
人間なんて余裕で食べられちゃいます。
で、なんで正月早々サメの紹介なのかと言うと、たまたまYouTubeで動画を見ちゃったからというだけです。

人も映ってるのでその大きさが想像できます。
漆黒の瞳だけで充分怖いっす。
何気に最後で人が食われちゃってるような。。。
もしやこれってCGなのか?(^^;
Cryptozoology(未確認動物学)って書いてある。
冷静に見てみると、サメがそれほど大きくないような気がしてきた。
普通のホオジロザメ?
充分怖いんだけど、歯形模型とサイズが違いすぎる。動画のタイトルでメガロドンかと思ったけど、違いそうだなぁ。誤爆か?
日本のテレビ局の映像もあったので載せておこう。

宇宙よりも、生命の可能性が高い深海の方がまだまだ未知の生物がいるのかもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です