ドコモ、904i発表

ドコモから夏に向けた904iシリーズが発表されました。
ここ数年の傾向では夏はiSシリーズであり、903iSのはずなんだけど、サービスに自身あるようで903iSは飛ばして904iになったそうです。
docomo


なんか分厚そうに見えるけど、ここ最近のauよりドコモの方がデザインが良いような気がする。特に70Xiシリーズだけど。
発売は5〜6月。
今後標準化されるということで、HighSpeedやTVを表す文字は付かず、全部904i。
でも、ワンセグ対応は1機種だし、ハイスピード対応も1機種。
個人的には機種よりも新サービスが魅力的かも。
1)2in1
2)直感ゲーム
3)うた・ホーダイ
1)の「2in1」はひとつのケータイで2台分の電話番号とメールアドレスを扱えるんだとか。ドコモではこれまでも「マルチナンバー」サービスがあったけど、プライベートと仕事で番号を使い分けたい人には心強いサービスです。
ただし、説明を読む限り、まだ使い勝手が良いとは言えなそう。
月額945円の価格設定は、ソフトバンクのホワイトプラン対抗だそうな。
ケータイを2台持つビジネスマンも増えてるけど、ドコモにこれをやられると2台目ポジションをねらうところは辛いかも。そういうとこはやっぱりスマートフォンで勝負してほしいな。
ケータイ2台持つより、ケータイ&スマートフォンが断然グッドです。
2)の「直感ゲーム」は、ケータイをWiiリモコンのように操ってゲームができるらしい。大人は外で遊ばないようにしてほしいな(笑)。
Wiiのマネとはいえ、予想外の機能追加。
Wiiと連携するようになったりしたら強力かも。
Wiiリモコンのように振り回してケータイをぶつけて破壊させ、買い換え増をねらう作戦?(^^;
3)うた・ホーダイ
定額(1,980円)で着うたフルをダウンロードし放題。ナップスターの機能拡張サービス。
980円なら使ってみてもいいけど、1,980円って高くないのかなぁ。ケータイ買い換えても移行できるのかな?
個人的に一番気になるのは「2in1」ですが、日本的便利ケータイ(おサイフケータイとかSuicaとか)に対応するケータイとスマートフォンのネット利便性は両方欲しいので、個人的にはやっぱり2台体制かな。。
iPhoneがSuica対応とかで発売されれば(されるわけないだろうけど)、1台で足りるのにな。(^^;
自分的にまだ買い換えタイミングじゃないからかもしれないけど、買い換えたいと強く思うほどの機種はありませんでした。
どの機種も正常進化の性能アップ。
良い意味で期待を裏切るようなケータイを出して欲しいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です