燃料補給のいらない潜水艦

Gizmodoさんで紹介されてた、イギリス海軍の最新鋭、次世代攻撃型潜水艦。
潜水艦
98人が乗れるそうです。
価格は1隻、23億3000万ドル。
水と空気は完全自給自足で、寿命の25年間燃料補給が全く要らないそうです。


空気と水は海水から蒸留すればいいんだろうけど、燃料が要らないってどういうことなんだろう。。
「ロールスロイス製PWR 2加圧水型原子炉」って書いてあるので、水圧を使って原子力発電してるのかな?
英語が読める方はBBC NEWSを読んでみてちょ。
この潜水艦サイズだから実現できるのかもしれないけど、無人偵察潜水艦とか、燃料補給無しでずっと海中に潜ってられるのかな、今の時代。(^^;
そうなると、もうロボットの域?
軍事が最先端科学技術を駆使してるのはわかるけど、実際こういうの見るとすごいな〜と単純に思ってしまう。
海中の場合、ステルスってやっぱりできないのかな。無音航行とかしっぱなしじゃないと。
米国の最新鋭ステルス機F-22Aラプターが日本に来てたけど、あれもすごい。
こちらは1機1億USドル以上。Wikipediaによると、さば味噌缶詰(6号缶)程度しかレーダーに反射しないため、レーダー誘導方式のミサイルを命中させるのはとても困難とか。目視攻撃?(^^;
日本の航空自衛隊の次期主力機の採用は決まったのかな?
F-22Aも候補だったけど。。
もっと他にお金を使うことがあるだろうけどさ、いきなりどっかの国からミサイル打ち込まれても困るので、防げるだけの防衛体制は整えてほしい。
過剰な投資はいらないっす。
もう充分強いはずだけど日本の軍事力は。米国から買わされるのかなぁ。。(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です