次世代無線通信許 KDDIとウィルコムに

ニュースサイトもろもろで報じられていますが、総務省はKDDI(au)とウィルコムに割り当てを決めたようです。
auはインテルが提唱する国際規格「モバイル・ワイマックス」技術を、ウィルコムは「次世代PHS」技術を採用。


そもそもなんで2つしかダメなのか知らないけど、ドコモとソフトバンクは落選しました。
ドコモが落ちることもあるんだなぁ。
前に少し書いたけど、auはパワーなくなってきてると思うんだけど、次世代無線通信では主導権を握れるので充分挽回できそうですね。
ドコモもソフトバンクもモバイル・ワイマックスを使う予定だったので、両者ともauからレンタルで使うことになるのでしょうか。。
2009年夏頃にサービス開始予定とのことで、まだまだ先ですが、この次世代無線通信は無線LAN並の速度かつケータイ並のエリアをカバーするらしいです。
逆に言うと、現状の無線LANを広域にし、さらにハイスピードにしたとも言える。
エリアが広がれば、移動中でも使いやすくなるので早く普及して欲しいっす。
せっかく導入したFONの立場が厳しくなるかもしれんけど。

未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です