MacBook Air

昨日徹夜仕事してる間にMacWorldのジョブズスピーチが終わってました。。
新製品発表もニュースサイトで知り、祭りに参加できず悔しい。(^^;
それでもApple好きとして、ブログにはやっぱり書いておかねば。
MacBook Air


薄さ(thin)と革新性(innovation)から、thinovationとうたわれてました。
軽さもアピールしつつ、無線重視ってことで”Air”って名前なのかな。
世界最薄とかアピールしてるところが日本のPCメーカーのようでちょっと嫌かも。(^^;
229,800円からとMacBookより高いっす。。
デザイン的には、薄さが目をひきますが、フルサイズキーボード搭載してるところがGoodなんじゃないでしょうか。
けど、ユーザー的にそんなに薄さって重要なのかなぁ。
個人的にはもっと小さい10インチサイズとかのスーパーモバイルノートが良かったな。
重さも1.36kgと、標準的なWindows B5ノートと同じくらいのサイズだと思う。
Airってほどじゃないよ〜。(^^;
マルチタッチトラックパッドは、iPhoneやiPod Touchユーザーならその恩恵がわかると思うけど、MacBookに勝てるのはそこくらいなのでは。。。
ちなみに、MacBookは139,800円からです。
Airは光学ドライブが外付け。
無線LANは802.11a/b/g/nに対応しつつ、Bluetoothも備えてるので現状では完璧なんだろうけど、有線LANのポートは無く、USB端子もひとつだけ。
Macノート使いにはもはや当然として受け入れるしかない点ですが、通信カード用のスロットも、SDカードなどを差すスロットも存在しません。
CPUはCore 2 Duo 1.6 or 1.8GHzで、2GHz台のMacBookより遅い。
ハードディスクは80GBか、SSD(ソリッドステートドライブ)の64GB。
SSDにすれば高速なんだろうけど、388,400円まで値上がりますよ。。
MacBookではメモリ1GBだけど、Airは2GB積んではいます。
しかし、メモリも値段下がってるので、MacBookに2GB積んだ方が安い。
バッテリーは5時間(WIndowsはもっと持つよね)。
液晶上部にiSight(カメラ)を搭載してるところくらいしか、Windows B5ノートに勝るメリットが感じられませんです。
いかにマルチタッチトラックパッドが優れていようとも、今回は失敗のような気がします。
誰に売ろうとしてるのか中途半端すぎる。
Windowsから変えるには高すぎるし(MacBookで充分)、既存Macノートユーザーにしてみれば、薄く軽くなるけれど性能が下がる。
Macデスクトップユーザーがサブノートとして使うくらい?
それにしたってMacBookの方がいいんじゃないかと思うよ、個人的には。
企業はセキュリティ的に無線を禁止してるところが多いし。。
Appleは、iPhone and iPod Touchのマルチタッチに過信したのかなぁ。
ジョブズのスピーチ中にApple株価が下がったそうですが、このノートはちょっと失敗だと感じざるを得ないっす。
同時に発表されたレンタル映画サービスは日本ではやらないだろうし、iPhone and iPod Touchのソフトウェア追加ニュースが一番のネタだったかなぁ。
Touchユーザーは有償ってのが納得いかないけど。。
ハックしてる方が便利だしね。
まだOSをLeopardにしてないので、個人的には「TimeCapsule
」にも惹かれず。。
今年のMacWorldは残念ながら期待通りではなかった。
リアルタイムで見てなくて良かったのかも。(^^;
とりあえず今年は、年内に日本iPhoneが登場してくれることを願うのみです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です