きずな、打ち上げ成功

日本時間23日17:55、種子島宇宙センターより、H-IIAロケット14号機による超高速インターネット衛星「きずな」(WINDS)が打ち上げられました〜!
無事成功とのことです。
きずな


JAXA|きずな特設サイト
”超高速インターネット衛星”なんてすごい肩書きを持つ「きずな」ですが、この衛星によって、最大1.2Gbpsの高速データ通信ができるようになるそうです。
一般家庭の場合、直径45cm程度の小型アンテナを設置すれば、最大155Mbpsの受信、6Mbpsの送信が可能になるとか。
とは言っても、勝手に受信できるわけじゃないだろうし、一般ユーザーが恩恵を受けるにはどうすればいいんだか、よくわからん。
インターネットは、もうライフラインに含めていいくらいの社会的役割を担ってるわけだし、アナログテレビ電波のように、無料で使えるようになってほしいなぁ。
そんなことはプロバイダ業界が許さないのかもしれないけど、ユーザーにとってはそれが一番便利。
いつかは地球規模で、衛星によって無線LANがカバーされたりするのかな〜。
今の無線LANじゃ届かないんだろうけど、次の次くらいの無線技術とかで。
電話だって無料にはなってないんだからダメか。(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です