訃報:アーサー・C・クラーク

3月18日、スタンリー・キューブリック監督が映画化した「2001年 宇宙の旅 2001: A Space Odyssey」で有名なSF作家、アーサー・C・クラーク氏が自宅のあるスリランカの病院にて呼吸不全のためお亡くなりになったそうです。
90歳でした。


読書をしないおいらは、たぶん読んだことないです。。orz
でも映画「2001年 宇宙の旅 2001」はすごいと思ったし、確か鳥肌立った気がする。
2001年宇宙の旅 – Wikipedia」によると、映画版と小説版は結構異なるようで、小説読んでみようかと思いました。
その前に、DVD買ってあるし、DVDを見直そうかな。
SF界のビッグ・スリーと言われた、アーサー・C・クラークアイザック・アシモフロバート・A・ハインライン
生存していた最後のひとりがお亡くなりになってしまいました。
ご冥福をお祈り致します。
ちなみにアイザック・アシモフはロボット三原則を書いた人です。

第一条
ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
第二条
ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。
第三条
ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、自己をまもらなければならない。
(日本語訳は『われはロボット』小尾芙佐訳 昭和58年 早川書房 P5 より引用)

そう言えば、浦沢直樹さんの漫画「PLUTO」の続編はまだかなぁ。
面白いっすPLUTO。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です