マウスがまたダメに・・・?

毎日12時間とか使ってるからなのかなぁ、マウスの故障率が高すぎるような気がする。。
昔のマウスの方が頑丈だった印象。
あ、利便性を追求してワイヤレスマウスを使うようにしてからかも。


今回不調に陥ったマウスは・・・
Logicool VX Nano Cordless Laser Mouse for Notebooks
このマウスのスクロールホイールが良くて、ほとんど摩擦が無いスルスルスクロールできるモードと、歯車を回してるようなゴロゴロしたモードの2つの体感モードがあります。
おいらはスルスルスクロールを愛用していたのですが、ここのところずっと、スクロール操作を終えた後に、ピクピクとウインドウが上下に痙攣してしまいます。
スクロールがしっかり止まらない。
もちろん画面を見ている視線も疲れる。。
ゴロゴロモードにすると大丈夫そうなので今はゴロゴロモードで使用中なのですが、やっぱりスルスルモードで使いたいっす。
買ってからまだ半年くらいで保証もきくので交換してこようかな。。
しかし、実はこのマウス、2度目のチャレンジだったのよね。
以前も交換した挙げ句、返品した経緯があります。
もちろん、それを忘れて購入したわけではなく、OSバージョンも変わったし、ドライバもバージョンアップしてるだろうし、大丈夫なんじゃないかと淡い期待で購入したのですが・・・。orz
前回のことは下記参照。
Logicool VX nano マウス購入
VX nanoはMacBookで使えない
上記の後に買ったマウスは「なかなかいいマウスを購入した」このマイクロソフト製だったのですが、こいつは別のマシンで使用することにしたので、再度VX nanoを購入した訳です。
個人的には、デザインはマイクロソフトよりLogicoolの方が好きだし。
Mac利用前提なので、あまり選択肢が無いってのもあるんだけど。。(^^;
(Apple製マウスは機能が少ないので、デザインが良くても候補に入らないんす)
VX nanoがまたダメだとすると、選択肢は「MX Revolution」しか無いかなぁ。
スクロールが2つ(?)付いててなんか凄そう。w
でも、VX nanoを買った時もこれは触ってるはず。
たぶん、モバイル用途も考慮して小さいVX nanoにしたんだよね。
それと、VX nanoは乾電池で動くのがポイント高いんだけど(外出時に切れても電池買える)、MX Rev.は充電台で充電するタイプなので、外出時に充電が切れたらお手上げということもあり。。
もうひとつ気になるマウス。
MX airMX Air
前からなんか未来的で気になってたんだけど、Macに対応してなかったのでスルーしてました。
最近Macに対応したっぽい?
値段が高すぎるんだけど、こいつは机の上だけでなく、空中でマウス操作できる代物です!
使ってみたいマウスではあるけど、これも充電台だし、持ち歩くにはサイズが大きいんだよなぁ。
う〜ん、ゴロゴロモードで我慢して使うかなぁ。
実はトラックボールを使ってみたいとも思うんだけど、買って失敗したら痛いしね〜。(^^;
大事な仕事道具、どうするべきか・・・悩ましい。(><

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です