値下がりiPhoneアプリの探し方

購入したtwitterアプリについて書こうと思いつつ、なかなか書く時間が取れない。
ので、先にネタばらししちゃうと、購入したのは「TwitBird ProTwitBird Pro」です。購入時350円。
それはまた書くとして、なかなか自分でiPhone, iPod Touchアプリをチェックできないので、アプリチェックするためのアプリを紹介しておきます。
最初はタイトルに”初心者向け”と入れていたのですが、初心者の方はそんなアプリコレクション的なことはしないのかも・・・と自分を省みつつ、”初心者向け”は削除しました。
有名アプリの紹介なので、知ってるor既に持ってる方はスルーしてください。(^^;


これらのアプリを導入すると、iTunesのApp Storeアプリをチェックしやすくなります。
値下がり中のアプリを教えてくれるので、これらのアプリをゲットしておけば(他アプリを安く買えるので)、有料アプリでも全然元が取れてしまうのです。
有名どころとして、2つのアプリを上げますが、他にも同種のアプリはあったと思います。忘れた。。(^^;
まず1つめ。
AppSniperApp Sniper
AppSniperiTunesの現状の評価はあまり良くないですね〜。(^^;
未だにバグっぽいものが残っているせいでしょうか。
おいらは実際使っててバグに困ったこと無いような気がするけど、検索をほとんど使ってないからかな?
過去の評価を見ると、5つ★を付けてるユーザーも多いことがわかるので、いわゆる糞アプリじゃないってことはわかると思いますよ〜。
おいらは昨年からコレを愛用しています。
何ができるかというと・・・
1)セール中のアプリを一覧で表示してくれる。
2)新登場のアプリ(と値段)を一覧で表示してくれる。
3)AppStoreのカテゴリー毎に見られる。
4)スナイプできる(気になるアプリを登録しておける)。
5)アプリを検索できる。
あ、英語のアプリですが、難しいことは無いのでご安心を。
最初に起動した時は右下の「Config」を開いて設定しましょう。
デフォルトでは親切にもWiFiオンリーで3G回線では繋がないようになっています。
パケット定額に入ってるなら、WiFiオンリーにしなくても良いでしょうし、”3G/Edge On”をONにしちゃいましょう。
もちろん3G回線で使いたくない場合はOFFで。
アイコン表示の有無や、起動時に情報を取得(同期)するかも設定できます。
なによりまずは、”Currency”をYENにして、日本円表示にしませう。
買えないものが表示されても仕方ないので、”Store Filter”も選んでおいた方が良いかと。
とりあえず設定はそれだけでも充分使えるようになります。
上記(1)〜(3)については、それぞれ”On Sale”, “New Apps”, “Hot Apps”をタッチすれば一覧が表示されます。
アプリ名の下に、金額が表示されていますよね?
値引きされてるアプリは「↓ ○○%」と値下がり率も表示されます。
無料のものは「Free」と。
一番上の「All」「Free」を選択することで、有料無料両方込みの一覧か、無料アプリだけの一覧かを選択できます。
下にスクロールさせつつ、眺めていき・・・
「おっ!」と思うアプリを見つけたら、それをタッチ!
いきなり購入にはならないので大丈夫。
App Storeに表示されてるような評価や紹介文等が表示されます。
ちゃんと画面キャプチャして紹介しろって感じなんだけど、時間ないので省略です。ごめんね。m(_ _)m
アプリアイコンの下に濃紺色のアイコンが5つ並んでいます。
左から
・アプリ画面表示=App Storeに表示されてるキャプチャ画像。
・棒グラフ=値段の変移を表示。
・スナイプ=下記で説明。
・禁止マーク=このアプリ制作会社のアプリを非表示にします。
・メール=標準メーラーを起動してアプリ情報をメールで送れます。
もう超気に入ってすぐ買いたい場合はアプリアイコン右側に表示されている「Buy」をタッチします。
そうすると、AppSniperは終了して、App Storeが起動して購入画面が表示されます。
後は通常アプリ購入と同じですが、ひとつ注意が必要です。
AppSniperに表示されている金額が必ず正しいわけじゃありません。
期間限定のセールとか、よくやってますよね。
AppSniperの情報は少しタイムラグがあるのかな?理由はよくわからないけど、往々にしてAppSniperとApp Storeの金額は異なるので、App Storeでポチる前に、金額をしっかり確認しましょう!!
その意味では、AppSniperで安売りを見つけただけではぬか喜びに終わる可能性もあります。。(^^;
気になるアプリがあったんだけど、値段がちょっと高いなぁとか思った時。
そんなときが「スナイプ」の出番です!
アプリ詳細画面の「スナイプ」アイコンをタッチすると、現在の値段に対して値下がりした価格を選択することができます。
そのアプリが指定した金額に寝下がると、AppSniper下側に並んでいるボタンのスナイプに赤バッジが付いて、値下がりしていることを知らせてくれます(その下側のスナイプボタンをタッチすれば、スナイプ登録済みのアプリ一覧を見ることができます、ので最初はひとつもありません)。
ホーム画面のAppSniperアイコンにバッジが付いてくれると超便利なんだけど、PUSH対応してないので、付いてくれなかったと思う、今のバージョンでは。
しかし「スナイプ」登録しておけば、自分がApp Storeで毎日値段をチェックしなくても、AppSniperを起動する度に自動でチェックしてくれるわけです。
まぁ上記の通りApp Storeと価格差が発生する場合があるので、100%信頼はできないものの、毎日チェックすることに比べれば断然便利です。
そんなわけで、おいらは寝る前にチェックしては、セール中アプリをゲットしています。
古いバージョンの時は、起動直後に堕ちたりして、いちいちiPhoneを再起動しなきゃ動いてくれないこともあったけど、今は特にそんなこともなく安定してます。
iPhone 3GSにしたからかな?
3GSでも最初の表示には少し時間かかるけど、待てないレベルではありません。
買うときにApp Storeへ飛んで、もう一度AppSniperを開くのが重くて面倒ですが、それは仕方ないのかなぁ。。
しかし、もう自分は確実に元は取ってるし大感謝です。(^o^
で、もうひとつのアプリがこちら。
PandoraBoxPandoraBox
PandoraBoxあれ、前は有料だったような気もするけど、無料だったっけ?
こっちも評価が悪くなってなぁ。(^^;
おいらはAppSniperを使用中なので、こっちは最近使っていません。
昔は各国Storeに対応しておらず、米国ストアにしか無いアプリとかも表示されてしまっていたので。。
設定で日本円にはできたはずですが、その後どうなったかなぁ。
8月6日にバージョンアップしてるようなので、久々に使ってみようかな。
PandoraBoxは現在のところ無料のようなので、とりあえずこっちを試してみるというのも良いと思います。
疲れちゃったので今日はここまでに。。挫折。。zzz

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です