Dropboxのベータ機能を使って無料で容量アップ!

2月頃かな、Dropboxのベータアプリを使って、無料で容量を増やす方法がネットのあちこちに投稿されていました。
Dropboxは最初に無料で2GBもらえますが、最大5GB分無料で追加できるという・・・
遅ればせながら自分も今さっきやってみました。
いつまでやってるキャンペーンなのかわからないので、まだやっていない方はお早めに!


やり方は至って簡単!
SDカード等持っていて、それを差し込むMacやPCにDropboxのベータ版をインストールできれば、あとはcamera import 機能を使って500MB以上のメディアファイル(動画や静止画)をアップロードするだけです。
手動で500MB以上のファイルをアップロードしてもダメです。
ベータ版アプリをインストールし、Camera import機能を使うことで容量が増えます。

自分も以前に手動でファイルをアップロードし、そのうち増えるだろう、と思っていたのですが、一向に増えないので、今日改めてチャレンジした次第。(^^;
注意点としては、SDカードのDCIMフォルダに入れること、かな。
1)
Dropbox が起動していれば終了。
2)
SDカードのDCIMフォルダに500MB以上のメディアファイルを入れる。
あ、「ひとりぶろぐ」さんを見てもらった方が早いわ、キャプチャ付きだし。(^^;
500MBの大容量ファイルを用意するのが大変なら、このダミーファイルを使えわせてもらえば早いですね。
2.5GB以上のファイルがあれば充分かと。
3)
いったんSDカードを外す(念のため)。
4)
Mac or PCにDropbox ベータ版をダウンロードしてインストール。
iPhone等がつながっていると、iPhoneのカメラロールの写真をアップロードしようとするので、したくなければキャンセルを。
5)
先ほどのSDカードを差し込む。
6)
下記のような画面が表示され、「インポートの開始」をクリックすると、
Dropboxの「Camera Uploads」へファイルがアップロードされます。
Dropboxキャプチャ画像の通り、今日時点では以前の5GBではなく、最大3GBに。。残念!
複数の機器がつながっていると、チェックボックスの右、”このデバイスが”のテキストが変わりました。iPhoneやiPadの場合、端末名が表示されます。
間違えずに、SDカードのデータをアップロードしませう。
アップロードの途中、場合によっては「容量がまもなくいっぱいです」といったアラートが表示されるかもしれません。
気にせず放置していると、「容量が増えました」的なアラートが表示され、自動で容量が増えていきます。
ファイルをアップロードしきれなくなると、自動的に容量不足でアップロードがストップするはず(自分は止まりました)。
500MBずつ容量が増えていくので、たぶん2.5GB以上3GB以内のファイルを用意していれば、最大3GBの追加容量をもらえると思います。
ダミーファイル等の不要なデータをアップロードした場合は、Dropboxフォルダを開き、「Camera Uploads」フォルダ内のアップロード済みファイルを削除しちゃいましょう。
ファイルを削除しても、今回増えた分の容量はそのまま残ります。
これにて、3GB分の無料容量追加完了! (^o^

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です